« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月13日 (火)

渋谷区立中央図書館

渋谷区立中央図書館は22年5月22日にオープンしました。7月6日に行きましたが入り口が分からずに道に迷う人が多いように思いました。そこで入り口の案内を掲示できるように東京都財務局に根回しをしました。
左の写真が図書館です。右の写真が入り口の案内掲示位置予定です。図書館をクリックしてください。
根回しはしましたので図書館の仕事の速さを見ていれば良いと思っています。東京都財務局には7月13日(火)渋谷区中央図書館から電話連絡があったようです。まだまだ、渋谷区立中央図書館はすることは多くあると思います。次は都バスの社内放送による案内です。交渉先は東京都交通局自動車部営業課営業係に話をしてみて下さい。参考に千駄ヶ谷区民会館の車内放送を聞いてみて下さい。都に対しての訴求力が強くなるでしょう。


渋谷区立中央図書館


下は7月14日(水)現在の渋谷区立中央図書館のホームページに掲載されている交通案内です。
都バスからの表示も必要だと思います。
図書館のホームページには7月16日(金)に都バスからの案内が表示されました。上の渋谷区立図書館の建物をクリックして確認して下さい。
そして多くの方が気持ち良く利用出来るように環境を整備して行く事が重要だと思います。
良く担当者は「貴重なご意見ありがとうございます」と云いますが、私の一番嫌いな言葉です。自分たちで改善する所を考えなければいけません。人に云われて改善するのは遅いのです。スタッフの意見は聞けないのかその点は分かりませんが・・・
7月31日(土)現在、仮の案内板ですら表示されていなかった。
8月3日(火)図書館のI.K氏に進捗状況を電話で聞いた。都が聞く耳を持っているのに進まないのは何が原因か調べる事にしました。多くの自治体での仕事の進め方が推測出来ます。行動開始してから一か月になります。

8月3日(火)11時に電話で連絡がありました。数日中に申請するとの事です。看板の見積書も取り付けたと言ってました。

これらは、オープン前に気がついて設置すべき問題で遅すぎます。
都バスの車内放送もどうなっているのか・・・
管理者は常に問題意識を持って取り組む事が重要です。
この図書館はまだ改善する所が多くあると思います。
委託会社は話をすると「貴重なご意見有難うございます」とは決まり文句で云いますが聞いただけで対応しないと思います。
なぜ対応が出来ないかは色々な理由がありますが聞いた意見を上申するのですが自分で理解しないと訴求力に欠けますので出来ません。
私は現役の時、何でもしていましたので私には不可能はありませんでした。
8月3日(火)に東京都交通局に電話を入れたようです。その間何をしていたのでしょうか、教育委員会の中での決済を取る事をしていたのでしょうか、遅いので次回の社内放送の更新日になります。何でも自治体の仕事は遅いと痛感します。この図書館はこれから色々改善しなければならない事が多いと思います。
8月7日(土)18時26分に図書館に看板の設置について確認した。順調に進んでいるようです。
バスの案内は23年4月の更新に間に合いそうです。早ければ22年9月更新に出来たものだと思います。
インターネットの動画を再生するソフトがインストールされていないので確認しています。
8月9日(月)に図書館が調査します。問題がなければインストールされます。私は問題が無いと判断します。
フラッシュプレヤー10.1のダウンロード

8月10日(月)の図書館からの連絡に興味があります。フィルタリングの会社の(プロキシサーバー)がどのように処理するかです。
建物行政ではこのような公共施設(建物)を箱物と言い、竣工してオープンするまでにサイン計画(導線)を考えなければなりません。この図書館は5月22日オーップンしてから運用担当で作業をしています。
私も数か所見ましたが、その点に欠けています。
フラッシュリーダーのインストールが完了したと8月10日(火)に連絡がありました。
徐々に環境を整備したいと思っています。なにしろ地元ですから・・・
ここまで到達するまで大変でした。まだまだ改善する所がありますが順番ですね・・・環境が出来たらメディアに紹介できますが現状では恥ずかしいです・・・来年の4月以降ですね・・・


明治通りの看板は10月中に設置すろ事になっています。
10月19日図書館に確認しました。
現在の仮案内は図の通りだとファックスが有りましたが、この看板の位置に疑問があります。これを見た時、設置する看板の位置が本当に妥当か心配になって来ました。
バスの車内案内は2月中旬に申請し4月に実施すると言っていましたが、これも心配です。
図書館の担当者が有料案内を優先したと言ってましたがそれは間違いです。
対応が遅かったからです。
私が不思議に感じるとはなぜこのような事務手続きをのんびりするのか分かりません。
今後はますます強い図書館長の采配によりより良い図書館になる事を期待しています。
やっと、案内標識が設置されたようです。10月31日(日)確認しました。
11月2日(火)教育委員会庶務課庶務係から10月22日(金)に設置したと聞きました。この設置には苦労をしました。担当者から何の連絡もありません。一般企業は必ず関係者に連絡するのが基本です。
あとはバスの案内だけです。1月には東京都交通局の受付部門に電話するように教育委員会の庶務課庶務係に話して置きました。予定では23年の4月からですが渋谷区はもっと積極的に取り組むべきだと思います。

下の案内標識は竹下通りの出口にありますが不思議に思います。標識のあり方を考えてしまいます。かえって混乱すると思います。
この標識のポールは渋谷区の所有なのですがうまく活用されていないようです。

入り口にドーム型防犯カメラは設置するべきだと思いました。
ドーム型の防犯カメラ
平成23年3月中旬以降には都バスの停留所案内の社内放送も開始される予定です。
後は無線LANが設置されると良いと思いますが・・・
千代田区立図書館(九段下)も参考に視察されると良いと思います。
良い設備にするには積極的に関係者は努力する必要がありますね。
平成23年4月1日に着任した。斎藤茂 館長(前任は池田館長)と5月16日(月)に電話で話をしました。今後の仕事に期待したいと考えます。
利用者の意見、ご要望と話をしていましたが、それらは自分たちで考えるものです。教育委員会 庶務課 庶務係長 鈴木 弘之 係長にこの記事を連絡しました。この渋谷区立中央図書館を良い図書館にする事が一番大切です。

|

2010年7月 3日 (土)

勉強中です

CLICK TO RUN の意味は・・・・・

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »