« 新宿西口イベント広場 | トップページ | 東京ブランドロゴについて »

2016年6月 9日 (木)

新宿西口イベント広場のWi-Fiについて

6月8日(木)東京都道路保全公社に新宿西口イベント広場のWi-Fi設置の進捗状況を聞きに行きました。
私が予想した通り「東京都に申請してあります。」との事、
何度、無駄足をしているか疲れてしまいます。
こんなにのんびりした行動です。
私が現役の時はこんな仕事はしていませんでした。
私はこれだけの仕事はしていません、世間ではボランティアと言いますがまさしくそれです。
担当者もしっかり状況を把握しておく必要があります。
私が口頭で行動を起こしたのは28年1月25日です。
文書でないと放置されると思い28年4月22日に文書を提出しました。
28年7月を目途に設置すると言ってましたが信用出来ません。
Wi-Fiの活用方法を知らないようです。
もう少し勉強して貰いたいものです。
6月14日(火)この場所をチェックしたらDocomoのアクセスポイントに接続しました。周辺に機器が設置されたからだと思います。
しかし、イベント広場はフリーのWi-Fiでないと多くの人が利用、活用出来ません。
Wi-Fiについては各企業、団体担当者も勉強する必要があります。
小田急電鉄の総務部文書担当 石井社員にも調査させている事があります。
小田急百貨店の担当者が自社のWi-Fiについて知らないので驚いています。
お客様相談室の担当部長 中野さんにも勉強させています。
Wi-Fiとサービスとの関連を理解していないようです。
28年7月1日(金)東京都道路保全公社を訪問しました。
「今日から開通してます。」女性担当者の手提げにポスターが入っているのに気がつきました。「私もアクセスして確認しました。」と言われましたので安心しました。
私は次の取り組む課題がありましたので焦っていました。
渋谷観光協会のスタッフも喜んでいました。
このような課題は費用対効果を考えて導入するものですが、効果を推測出来ないと出来ません。
このポイントはセキュリティーで保護されています。
このポスターは広場に掲示されています。
この広場を利用したい団体は活用して貰いたいものです。適応しない端末はアクセスできません


セキュリティー保護は下の通りです。
現時点での最強の暗号化規格(AES)で2004年6月に開発されたものです。
適応しない端末はアクセスできません。

28年7月2日(土)午前9時10分に西口イベント広場でWindowsVistaでアクセスして見ました。問題なくアクセス出来ました。
前日は出来ませんでした。
原因を調べます。後日、原因を掲載します。今後の設置の参考になると思います。

設置事業者も正しい話し方で設置依頼事業主に説明して下さい。
「アクセス出来ない端末がある」では曖昧な説明です。

セキュリティーに関する参考サイト

7月5日(月)保全公社の女性担当者が無線機器の点検をしていました。7月6日(火)10時40分に私がアクセスをした時はアクセス出来ました。
私はなぜ設置事業者は設置完了時点で点検をしなかったかです。
これは工事を引き受けた事業者の基本です。

スペース利用団体用参考資料
ここをクリック
詳細は後で記載します。私はこれだけに取り組んでいるのではありません。

|